プロフィール

せのまさき

Author:せのまさき
鳥(フクロウ)と絵と写真が好き。
★はアナログ絵 ☆はパソコン絵です。

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
拍手ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

本「フクロウ」

「フクロウ -その歴史・文化・生態」 デズモンド・モリス著



実物を確認してから買おうと思っていたら
地元本屋どこにもおいてなくて、結局通販で購入しました。
&読み終わりました。

文化についてはそれなりに知ってるつもりだったけど、
ピカソがフクロウの絵を描いたことは知ってても
「フクロウと3つのウニの静物画」を見るのは初めてだったり。
というか、なぜウニ??(笑)

現在知られてるもっとも古いフクロウの絵は
3万年前にフランスの洞窟に描かれたもの、
ということも初めて知りました。

文化に関しては知らないことのほうが多かったかも。

本の2/3は歴史や文化についてで、
生態については1/3程度。

さすがに生態については
知ってることのほうが多かったけど、
わかりやすくまとめてあってよかったです。

図版がたっぷりあって
巻末にはフクロウ分類一覧もあり、
フクロウ好きは、「買い」の一冊だと思います!

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

犬の本

読書デー。

図書館でなんとなく惹かれて借りてきてた本、
「マールのドア」読了。

アメリカの大自然の中で出会った犬と
ネイチャーライターである著者との14年間を
えがいた本、なんだけど、読んでてずっと思ってたことは
「マールは幸せだなぁ…」と。

そして、同時にこんな犬と暮らせた著者も幸せだなぁ、と。

大自然の中で暮らして、
時に山に登ってキャンプをしたりスキーをしたり、
エルク狩りに行ったり…と、いった生活は
自分には絶対できないだけに憧れる。

犬用のドアから自由に出入りして
町を巡回してそこここで食べ物をもらって
デブったというエピソードを読んで
ドビンちゃんを思い出した(笑)

そして、この手の本はどれもそうだけど
最後のへんは読むのがつらかったよ…。

それでもやっぱい感想は
「マールは幸せだなぁ……」でした。

面白かった!





今日のとりねことりブログは「エナガ


*****
拍手ありがとうございますー!
web拍手 by FC2

★鳥の民話

図書館で借りてきた本を読み中。

世界の鳥の民話

アイヌのコノハズクになった子供の話とかが収録されている。
全体的に短い話が主。
今まで訳されてないモノをということで
知らない話が多い。

Amazon見てみたら絶版みたいだなぁ。

そして、今日のラクガキは
ヨーロッパ中世風なフクロウで。
中世風

なんかこわいんだよね。 web拍手 by FC2

ふくろう?情報

友人からの情報。



顔はアナホリだかコキンメだか
なんかそんな感じなんだけど
全身見るとびっくり(笑)
えーーーとこれってフクロウ?(笑)

本が出たらチェックしなきゃかなぁ。 web拍手 by FC2

フクロウからのプロポーズ 2

読み終わりました。


Wesley the Owl「フクロウからのプロポーズ」□Amazon


前回感想を書いたのは、とにかくヒナかわいいいーーー!な
ところまでだったわけですが、全部読んで、
とにかく著者のウェズリーへの愛情の深さと、
ウェズリーからの愛情そして2人の間の魂の交流に
感銘することしきり。

どんなに好きでもなかなかここまではできない。

フクロウとしてのウェズリーにとっては
野生でつがいとなり子孫をもうけて
生きて死んでいく…というプロセスが送れなかった事は
不幸な事かもしれないけれど、
残念ながら野生で生きていく力を持たなかった以上、
著者と暮らせた事はとても幸せなことだったのではないかと。

生物学者が書いただけあって、
ただ愛情を書き連ねただけではなく、
生態とか考察とかちゃんとした知識に基づいた上での
平易な記述も読んでて気持ちいい。


同じくフクロウと暮らした生活を著した本として
すぐ思い出すのは「ブボがいた夏」なわけだけど、
比べるとブボの方はかなりドライかなぁ。


「ブボがいた夏」□Amazon

もちろんフクロウに対する愛情はどちらもあるわけだけど、
「フクロウからのプロポーズ」の方は
母の愛であり恋人への愛であり全てを捧げる愛なので、
ともに暮らすといっても密度が違う。

まぁ、ブボは「翼を持つトラ」でメンフクロウとは
大きさもパワーも危険度も違いすぎるしな(笑)


ちなみに以下はブボとウェズリーを簡単に比べてみたもの。

***********************************
★ブボ★ アメリカワシミミズク(Bubo virginianus)
・体長:一般的に43~60cm
・体重:文中に1.6kgの記述有り
雪によって巣が壊れ、雪に埋もれていた
ヒナ(ある程度成長している)を拾い育てる。
森のキャンプ(掘っ立て小屋)で一夏を一緒に過ごし、
その冬は猛禽センターに預けられ、
次の夏引き取って再びキャンプで一緒に過ごす。

★ウェズリー★ メンフクロウ(Tyto alba)
・体長:34cm
・体重:一般的なオスの体重250~360g
保護されている翼を痛めたヒナ。
まだ目も開いていない状態(生後4日)から引き取り
インプリントする。
19年間家で一緒に過ごす。
***********************************

読みやすくて面白い(フクロウの生態に興味がある人には
特に興味津々なシーンがたくさん)し、
読み応えも十分あるので、
色んな人に読んでもらいたいと思った本でした。

なのでここでは各々のエピソードについて思った事は書きません。
へー!とかえーーーっ!とかふ~ん(にやにや)とか
しんみり…とかイロイロ思ったよ!
web拍手 by FC2
検索フォーム
bird
リンク
tag

ももねこ様  メンフクロウ PIXTA うらら トラフズク 

カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。