プロフィール

せのまさき

Author:せのまさき
鳥(フクロウ)と絵と写真が好き。
★はアナログ絵 ☆はパソコン絵です。

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
拍手ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

正月のももねこ様

1月初旬。

久々にももねこ様の写真を撮った(笑)


★ももねこ様
ももねこ様
お正月バージョン!


ももねこ様





今日のとりねことりブログ→「イソヒヨドリ2013

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

タグ: ももねこ様

たまゆらの日2013~1日目・竹灯りその2

竹灯り、つづき。


★松阪邸
松阪邸


以下、松阪邸内。


★竹灯り
竹灯り



★灯り
灯り
庭に飾られた灯りはアニメの背景絵。
※憧憬の路の時はモミジとかだった。


★竹灯り
竹灯り
ももねこ…さま?


松阪邸を出て石段を上り、


★普明閣
普明閣


★普明閣から見た夜景
夜景



夜景とか撮っておりてくると
もうほぼろは閉まってた。


★ほぼろ
ほぼろ(閉店)
19:40。今日はずっと行列でした。

一度食べてみたいけど、お好みをひとりで一枚
食べきる自信がない&一人で入る勇気がないので入れずじまい。


竹楽さん裏の広場へ。


★竹灯り
竹灯り
おかえりなさい、な竹灯り。


★たまゆら
たまゆら
「ら」が、切れてるけど;
これは憧憬の路1日目にも
このように配置されてた。


水車の斜め前あたりに
スタッフやキャストさんの書いた夢灯り。


★夢灯り
夢灯り
監督や声優さん。


夢灯り
一部アップで。ももねこ様かわいすぎる。


夢灯り
声優さん。
なにげに某アフレコ現場でお見かけしたことがあるお二人のが
並んでた。


★竹のアーチ
アーチ
定番スポット。
憧憬の路の日は人多すぎで
こんな風に誰もいない写真は撮れなかった(笑)


★照蓮寺
照蓮寺


★いっぷくさん
いっぷく
昼にも見たけど夜は一層きれい。


★スカイツリー
スカイツリー


★竹灯り
竹灯り
集団。


★竹灯り
竹灯り
道端。



人がいなくて今がシャッターチャンス!と思ったら、
どんどん灯りが消えて行った。


もう21時か!!
だから人が少ないのか!(笑)


端の方から消されていく(中に入れてあるろうそくを
取り出していく)竹灯り。



終了
徐々に暗くなっていく。


というわけで、憧憬の路に比べて
減ってる灯りもあったけど、
人の多さがいい感じ(多すぎも少なすぎもしない)で、
楽しかったです。

web拍手 by FC2

タグ: ももねこ様

たまゆらの日2013~1日目・竹灯りその1

竹灯りは17時に点灯。21時まで。

と、その前に日が暮れる前の写真とか。


★地蔵院
地蔵院
14時の時点で周りに立てる竹筒はまだしばられたまま。
15時過ぎると準備が始まるのかな。


★梅谷さん
梅谷
力作なタペストリー。


★いっぷくさん
いっぷく
こちらは店頭に切り絵。


★照蓮寺
照蓮寺
こちらもまだ準備前。


…とかいう写真をたまゆら殺人事件の合間に
撮ってました(笑)


そして夕方。
商店街。


★大岡さん前
商店街


★ももねこ様
ももねこ様
ベンチのももねこ様の上には
小さいももねこ様が増殖。+竹灯り。


そして町並み保存地区に移動。


★地蔵院
地蔵院


★竹楽さん
竹楽
モミジ。


★竹原市歴史民俗資料館前
ももねこ?
ももねこ…さま? 味ありすぎ(笑)


★水路と竹灯り
竹灯り
路地と水路と竹灯り+行きかう人々。
なにげにすごく気に入ってる写真です。
(クリックして大きなサイズでどぞ)


★お酒
お酒
限定のお酒。
今は飲めないので我慢。


★路地
路地
この暗さがいい。


★旧笠井邸
旧笠井邸


以下、笠井邸内。


★裏庭の竹灯り
竹灯り


★パネル
ぽって
この和室にすごくはまってる(土足だけど、笑)


★パネル
パネル
たまゆらの日2013用(たぶん)のパネル。
サイン寄せ書き。
手前の机の上は設定資料。


★写真展
写真
来た人が持ち寄った写真で写真展。


……と、長くなってしまったので2回にわけます。
竹灯りその2につづく。
web拍手 by FC2

たまゆらの日2013~1日目昼の部

たまゆらの日2013。

前日大久野島を歩き回って疲れてたのと、
(ウサギ写真アップしたいけどまだ写真整理が…)
主な目的が竹灯りの撮影なので、
ゆっくりめに出かけて竹原に着いたのが午後2時ごろ。


★ももねこ様
ももねこ様
ハロウィン仕様。

竹灯りのつく午後5時まで
準備の様子とか見たりしつつ
ゆっくり町を散策してればいいや、
と、思っていたんだけど……


★たまゆら殺人事件捜査本部
たまゆら殺人事件


★事件現場
殺人現場?


★カード1(こまち)
たまゆら殺人事件
現場に置いてあるカードに書いてある内容をもとに
次に行く場所を考える形式。

カード集めとか、謎解き(?)とか、
やばい、楽しそう。

時間あるし、ちょっとやってみる?

というわけで、1枚目のヒント
「たまゆら饅頭を売ってるお菓子屋さん」へ
レッツゴー。


★カード2(さよみ)
たまゆら殺人事件
おまんじゅう安売りしてたので
買っちゃったー(笑)

次のヒント「私たち展」(実際にカードに書かれてる文章はすごく長いです)
……町並み保存地域まで歩けとな。はい。


★カード3(かおる&のりえ)
たまゆら殺人事件
旧笠井邸内で行われてる写真展が
気になりつつも、カードだけ回収して次へ。

次のヒント「年越しのお参りをした神社」


ここで、年越しの文字だけ見て、照蓮寺へ行き、
空ぶりました。


製作者の思う壺か!(笑)


よく読むと寺ではなく神社になってたので、
来た道をもどり、さらに歩いて神社へ。
実はこの神社、前を通ったことがあっても
境内に入るのは初めて。


★磯宮神社
たまゆら殺人事件
映画『潔く柔く』のロケ現場になったということで
普通(?)のカップルも来てたり。


★カード4(麻音)
たまゆら殺人事件


次のヒント「待ち合わせた橋の上」


はい。また来た方向へどんどん戻るよー。


★カード5(楓&かなえ)
たまゆら殺人事件
商店街と町並み保存地区の間(町並み寄り)の場所。
既にかなり歩いてるー。

次のヒント「マエストロ」


よし、これは近いぜ。ゴーゴー。


★カード6’(こまち)
たまゆら殺人事件
日の丸写真館さんも協力してくれてるんだ、と
思いながらカードゲット。

こまち「マエストロは文房具屋イマイチさんかも」


えー、また商店街に戻るの?


何度行ったり来たりすればいいのかと
思いつつ歩いていたら…


★ももねこ様タクシー
タクシー
ももねこ様タクシーに遭遇! なんかラッキー!(笑)


そして商店街へ。


★カード7’
たまゆら殺人事件
「だれもいないようだ。
こまちにだまされてしまったかもしれない。
日の丸写真館に戻ってみよう。」


…………こーまーちーーーーー!!(怒・笑)


やられた!(笑)

よくよく見てみれば、カードの番号が6’とか7’になってる。
4の神社の時といい、どうせまわる場所なんて
限られてるでしょなんて、甘く見て
カードをよく見なかったのが敗因だな。


いいよ、戻るよ……。


と、戻ってると今度はたまゆらバス来たー。


★たまゆらバス
バス

バス
港方向へ右折していった。


これはこれで、ついてる……のか?



★カード6(マエストロ)
たまゆら殺人事件
やっとマエストロに会えたー(涙)

てか、日の丸写真館の2つの入口に
それぞれ置いてあったので
ちゃんと見てれば気づいたはず。
いろいろ注意力散漫なので、
私は刑事や探偵には向いてないなー(笑)


次のヒント「通学路にある鳥居の連なってる神社」


あー、アニメに出てきたとき、
”これいったいどこだ?全然知らない”と思い、
そのあとも調べなかったとこだ。


どこにあるんだろう?


他のたまゆらーさんが行ってる方向に
行けばいいはず、と、ずるをしようと思ったけど
迷ってる風の人しかいない(笑)


本川をずっとさかのぼっていったら
神社あったっけ?と行ってみるも見つけられず


じゃぁ通学路ってホントの竹原高校がある方?と思って
途中まで行ってみたけど、どうもこれもちがうっぽい。


ここでケータイで地図を見て神社の位置を
調べてみたり。やっぱりこっちには神社ないよなー。


町並み保存地区の近くの神社は
みな小さい神社ばかりだし。


やはりあるとすれば本川の上流方向か、と、、
もう一度ケータイで地図を見てみたら
山側に神社があることが判明。

ここじゃなかったらもう分からないので
あきらめよう…と思いながら
行ってみたら……


★神社
神社
鳥居のある神社だー!!
ここだったのか。

夕方に知らない神社に行くのは
嫌いなんだけど仕方ない。

すいません、お邪魔しますーーー。
カードあったー!


★カード7(下上山先生)
たまゆら殺人事件


次のヒント「商店街のあいふる316」


神社を探すのに無駄にすごく歩いてしまったのに、
また商店街まで戻れとな。
うぅ。戻ります。戻ればいいんでしょ。


★カード8(りほ)
たまゆら殺人事件


次のヒント「ちもさん」


捜査本部は目の前なのに、最後にここに帰ってこなければ
いけないのはわかってるのに、またしても町並み保存地域へ行けと
いうのですね。うぅ。うぅ……。

タイムリミットの17時まであと40分しかないというのに(泣)


間に合わなかったら明日でいいか、ということで
ここで道の駅で10分休憩。パンもぐもぐー。


食べてちょっと元気回復したので
行けるとこまでカードを集めておこうと
再び…じゃないな、三度?四度?
町並み保存地域へ。


★ほぼろ
ほぼろ
今日と明日はほぼろなほり川さん。
よくできてる。
てか写真なのにアニメの背景絵にしか見えない(笑)


横の方でカードゲットー。


★カード9(ちも)
たまゆら殺人事件


次のヒント「たまゆら」


今度は近い。よし。


★たまゆら
たまゆら
ゆかりさんも2日間だけたまゆらに。
こっちもよくできてるー。
写真なのに(以下略)


そしてここにはカードが2枚。


★カード10(珠恵&香&おばあちゃん)
たまゆら殺人事件


★カード11(楓)
たまゆら殺人事件


次のヒント「ももねこ様はあいふる入口の電話ボックスに」



!!!!!これからまた商店街の一番はしまで戻れと!!!!!
既に16:48なのに!?


本日中のクリアをあきらめようと思ったその時
小さな女の子連れの家族が
「また戻るの?」「戻ろう!急げ!」と走って戻って行くのを見て、
私もあきらめちゃダメだ、という気に(笑)


カメラとか飲料とか三脚とか総重量6kg持って
3時間歩き回ってふらふらだけど頑張る。


★カード12(香&ももねこ様)
たまゆら殺人事件

どうやらこれで捜査終了。

捜査本部へGO!


ここで最後の13番のカードをもらえた。
(カードは全部で15枚)


★カード13(こまち)
たまゆら殺人事件


そして質問に答えると……


★感謝状
たまゆら殺人事件
さよみさんからの感謝状が。


わー。頑張ったよーーー。
よかった。間に合って!

もはやふらふらだけど。
最初の目的の竹灯り撮影にさしさわるほど
ふらふらだけど(大笑)


というわけで長くなったので、
竹灯りの写真はまた。


★たまゆら殺人事件全カード
たまゆら殺人事件


にしても、作った人の思う壺な行動をしてしまった
自覚がある私(笑)

照蓮寺行っちゃったりとか、こまちにだまされたりとか、
こまちにだまされたりとか!!!(笑)


まぁその分隅々まで楽しめた!ということで。


捜査だけでなんだかんだで10kmくらい歩いてるし。

ホントの捜査というのもこんな風に無駄足だったり
行ったり来たりだったりで、大変なんだろうなーと
いうことに思いをはせてみたり、
さよみさんのプチ秘境探検に参加したら
こんな感じのなのかも…ということに
思いをはせたりしつつ、歩き回った半日でした。


あ、あと、イベントとしてのたまゆら殺人事件は、
ファンならわかる、という、いい感じのレベルだし、
商店街・町並みそれぞれに人を呼ぶのにも役立ってるし、
カード集めでコレクター魂満足するし、
何度も竹原に来てる人でも、また違った街歩きを楽しめるし、
で、ほんとによくできてるなぁと思いました。


楽しかった!!
web拍手 by FC2

タグ: ももねこ様

下蒲刈

ちょっと前から、自力(公共交通機関&徒歩&チャリ)で、
瀬戸内の島へ行こうツアーを一人で敢行中。

で、「たまゆらのひとコマ展」が9/9までというのもあり、
終わる前に行こうと、今回は下蒲刈島へ。

風景写真撮る以外になにか一人で行っても楽しい
プラスアルファがないと重い腰があがらないので
この機会を逃すとしばらく行けない気がした(笑)


★三之瀬
三之瀬
電車+バスで移動。
島へ行くのにフェリーの移動がないとちょっと物足りないかな(笑)

朝9時にとうちゃくー。頑張った。


★蒲刈大橋
蒲刈大橋
晴れだけど雲多し。残念。


どうせなら、と、4つの施設(松濤園・蘭島閣美術館・白雪楼・
三之瀬御本陣芸術文化館)を回れるセット券を購入。


まずは松濤園から。
陶芸、朝鮮通信使、和洋のライトコレクションなど盛りだくさん。


★松濤園・ちらし
ちらし



★松濤園・庭園
石の羊
庭は撮影OKだったので。
石の羊かわいい。
他に石の人の像も。


どの展示も想像以上におもしろかったー!

じっくり見てるといくらでも時間が過ぎるので
隅々までは見れてないけど。


陶芸館には染付松梟文鉢(1770~1710年代 肥前有田)があって、
微妙な「これフク」っぷりにしばらく眺めてました。
なんでくちばしをペン先みたいな表現にするんだろう。

なんにせよフクロウグッズ(違)があるとテンションあがるなー(笑)


次に白雪楼へ。


★白雪楼への階段
白雪楼
蘭島閣美術館の横の階段を昇って行ったところが白雪楼。


★白雪楼
白雪楼
2階の天井には蘇軾書の酔翁亭記。


★抹茶
抹茶
抹茶つき。
まったりー。


次に蘭島閣美術館。


★蘭島閣美術館
蘭島閣美術館
総ヒノキ造りらしい。


★蘭島閣美術館前
蘭島閣美術館前
ミニ水車とか。
どこもすごくきれいにしてある。

★看板
看板
今やってるのは南薫造展とたまゆらのひとコマ展。


★たまゆらのひとコマ展ちらし
ちらし


★再現チケット
チケット
来館者プレゼント。
OVAに出てきたチケットを再現したもの。
こういうちょっとしたこだわりネタが楽しい&嬉しい。

館内は当然撮影禁止なのですが、
たまゆらコーナーの一部に限り撮影OKでした。

というか、自分も一緒にうつって記念撮影、なコーナー。


★記念撮影コーナー
たまゆら


★キャラクターパネルその1
たまゆら
はしっこに写ってますが、
三脚が用意してある! 親切!
これで一人で来てても記念撮影できる!
#いや、私はしないですが(笑)


★キャラクターパネルその2
たまゆら
そういえばエヴァと日本刀展の時も
一緒に写る用のキャラクターパネルあったなーとか思い出した。

てか、最近原画展とかそういうのしか行ってないな、私(笑)
住んでる場所から美術館までかなり遠いのと、
その遠くまで数千円かけて出かけるほど
見たいのが巡回してこない、というのもあり。


というわけで、油絵を美術館でじっくり見るのは久しぶり。

やっぱり油絵は生で見ないとダメだなー、と改めて。
油絵の絵の具の盛り上がりとか、筆のタッチとか、
そもそもの絵の大きさとか、
印刷では伝わらないものが多すぎる。
南薫造展見れてよかった。


そしてたまゆら展の方は、
動画用紙に描かれたラフ(実物)とか
設定資料(これは印刷)とか、
資料写真をもとに描かれる背景とか、
絵コンテとか、監督インタビューとか、
どれもすごく面白かった。

特に鉛筆書きのラフ絵を見るのが好きだったり。
鉛筆の柔らかい線はこれまた生で見るのと
印刷したのを見るのでは全然違うし。

そして”そーだよねー。どんなにうまい人でも
一発で完成なキャラとか設定とか描けないよねー”と
思いながら見ました。
特にももねこ様(笑)
↑見た人はみんな「えぇぇ~!?」ってなると思う(笑)


蘭島閣美術館を堪能したあとは
残るひとつ、三之瀬御本陣芸術文化館へ。


★蒲刈大橋
蒲刈大橋
と、その前に海沿いに座って
休憩タイム。
空はどんより~~~。

快晴だったら風景撮りたくてうずうずして
美術館に長時間いられなかった気がするので、
曇りでよかった、ということにする!(笑)


★三之瀬御本陣芸術文化館
三之瀬御本陣芸術文化館


★看板
看板

特に目的意識もなく、セット券に入ってるから、という理由で
来た三之瀬御本陣芸術文化館だけど、
「小林和作と尾道」展やっててすごく嬉しい。

尾道と言えば和作さんだけど、
プロフィールとか知ってるわりに
実は作品はほとんど見たことがなかったり。

印刷されたのを見て「ふーん?」な感じだったけど
まとめて生の絵を見て、やっと良さが分かった。

やっぱり油絵は生で見ないと…(以下略)


さらに、「須田国太郎の鳥と動物」展もやってて
鷹の絵とか見れてすごく嬉しい。

並ぶ鳥の絵の中で、見てると苦しくなる数枚があって
なんでだ?と思って製作年を見たら第二次大戦中だった。
不安とか怒りとか悲しみとかがキャンバス上に凝固した感じ。


見終わって建物の外に出ようと思ったら、
ももねこ様発見。


★ももねこ様
ももねこ様
和むなぁー。


わたし的にはどれひとつとしてハズレがなかったので
遠いし暑いし大変だったけど蒲刈まで頑張ってきてよかったー、と。

青空と橋、海etcが撮れなかったのが心残りなので、
また来たい。
そのために面白い企画展希望~!



今日のとりねことりブログ→「アオサギと牡蠣棚

web拍手 by FC2
検索フォーム
bird
リンク
tag

ももねこ様  メンフクロウ PIXTA うらら トラフズク 

カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。